わきが治療で悩み解消|最新の技術はここまで来ている

最新のリフティング機能

女性

治療をしたあとの症状

最新のウルセラシステムは、皮膚を傷つけないでたるみを引き上げることができるリフティングマシンです。ウルセラをするときには、肌に強力な超音波エネルギーを照射します。超音波は皮下組織の真皮や筋膜だけに作用し、熱を発生させてコラーゲンを増やし、筋肉を引き締めます。ウルセラをすることによって顔にやけどをしたり、傷が残ったりすることはないですが、赤みが出る場合があります。しかし、赤みが出たとしても通常は1日や2日で元に戻ります。また、ウルセラシステムをした直後は患部に熱感が残ります。ほとんどのクリニックでは保冷剤などでクールダウンをしてくれます。自宅に帰ってからも気になる場合は保冷剤で冷やすことをお勧めします。

筋肉レベルでリフトアップ

顔のたるみをリフティングするマシンは沢山あります。その中でもウルセラシステムは筋膜まで届く超音波を使用する、全く新しいタイプのマシンです。ウルセラシステムをすると超音波が皮下組織や筋膜まで届き、そこで集中的に熱を発生させる効果があります。発生した熱によって組織が傷つき、治癒する過程においてコラーゲンやエラスチンが生成されます。その結果肌が新しくなり、ハリが生まれます。さらに真皮層の下にある筋膜に刺激を与え、筋膜を収縮させて内側から引き締める効果もあります。数あるリフティングマシンの中でも、筋膜まで作用するのはウルセラシステムだけです。筋肉レベルで皮膚のたるみを強力に引き上げるので肌のたるみ改善効果があります。クリニックなどで施術を受けることができるので、足を運んでみてはいかがでしょうか。